ピンクの綿飴

ビザ取得から、リアド到着、ホテル生活・・等など未だ書きたいことは色々有るけど、ここではちょっと最近のこと。

お店の数(特に女性服と家具)だけだったらウンザリするぐらいあリアドだけ
男物の洋服を扱う店は驚くほど少ない。何せこの国男の正装はトーブと言うアラブでおなじみの白いシャツを膝丈まで伸ばした物。
女性のアバヤの様に中身(もとい、着る人)を隠すために作られてはいないため、男性はプライベートな時間以外は
これのみを下着の上に着用。モチロンこれを常着する殿方も沢山いる。個人的な印象だと若い世代ほど、アフターファイブは
洋服を着る傾向。

そこで困るのが、我々アラブ世界の外から来た人々の正装(スーツ)。カジュアルな物は少ないもそれなりに種類がある。
だけどスーツに関しては、かなり選択肢が限られている。高級ブランドからマーク スペンサーの様な大衆的なお店まで
男物を扱っている所ではスーツをおいてあるけど、なんだか物足りない・・と言うか野暮ったい。
サイズも、日本人にあう小さなサイズは中々見付からない。

そんなわけでパリにこの前戻ったときにしこたま買いものをした。とにかくスーツ!でっ、そのついでに買ったのが、
広くて立派だけど殺風景な我オフィスに華をとバーバパパのストレス解消フィギュリン、そしてそのお供に
バーバママ(黒)とバーバララ(緑)も一緒に連れてきた(華よりウケか?)。

早速オフィスに持っていって得意気に飾っておいたのだけど、最近までこれといった反応があんまり無く少しがっかりしていたら、
先日、仲良しのサウジ人ドライバー兼、外国人職員サポート担当の若い彼が、オフィスにやってきて他の二人よりひとまわり大きい
バーバママに気づき、「サウジ レディー?」・・・。狙ってた訳では無いけど、確かに真っ黒で目だけしか特徴がないママ
はサウジ人女性のヒジャブ+ニカップ(顔マスク)+アバヤとよく似てて、つい感心しちゃった。
a0056032_6335534.jpg

あー、バーバパパって結構、社会問題をお話に取り込む事で有名だけど、まさかぁ、そう云うアングルじゃーないよなぁ?
[PR]
# by y_tory | 2009-05-20 06:34 | 社会

ビザ2

さて引き続きビザの話題。

商用滞在の短期ビザの場合は必要ないステップだけど滞在許可書を申請するような長期滞在には必要になるのが身体検査。

これに結構手間がかかる。まず必要なのが、検査結果を掛かり医に記入してもらう書類を手に入れること。

他の書類は、インターネットでダウンロード出来たにこれだけは領事館でしかもらえないということで当地まで赴く。
とにかく領事館はやたら混んでいることが多く係のおばさまに御面会するまで30っ分近く要した挙げ句、今日は書類が無いと
追い返された。そして次の日に再挑戦で領事館に足を運ぶと難なく手に入った書類。って、何これ?画像の歪んだFaxを
さらに何十にコピーを重ねたような代物。何が書いてあるのかも所々わからない・・・これのために二日続けて足を運んだのだから
ちょっと悲しい・・・って、これ只、おばさまがコピーをとりに行くのがめんどくさかっただけじゃん!きぃーーっ

さて、頂いた書類に沿って検査をするわけだけど、内容がまた凄いしし大袈裟。
血液検査に、レントゲン、検尿+・・・検便!
赤痢を調べているらしいけど、物を採取するため渡されたでかいカップにどれだけ持っていけば良いんだとかなり悩みました。

聞く所によると、礼拝用ビザの時にも似たような検査が有るそうです。世界中のイスラム教徒が一同に集まるわけで、
それだけ伝染病に敏感で公共衛生にうるさいとのこと・・・

労働者も、世界中から集まるこの国ならではと言った所かも・・・
それにしても外国人が人口の25%以上を占めているって・・・

所で、検査ラボに医者からの処方箋を持っていったときの受付のお姉さんが、受け取った紙を見た
時ギョッとしたのに事情を聞いた途端ニヤニヤしたので、こちらはちょっとうつむきかげん。
[PR]
# by y_tory | 2009-05-01 07:57 | 国際

ビザびさビザー

更新再開すると、書いておいて又三ヶ月放置。とにかくこの間走馬燈の様に過ぎていった。
っで、やっと生活が安定してきたのでここで久々のエントリー。

まず王国に入るのに避けて通れないのがビザ。

もともとビザ申請という行為どこ行くにしても好きでは無いけど、やっぱり色々あった。

昨年暮以来、システムが変わったとかで、インターネットで事前登録して10ドル払わないと
ビザ申請カウンターの恐いおばさまに相手にもされずおい返される。
実際、数々のおい返されるされるシーンを目撃した。

只この、オンライン申請サイトが曲者。かなりの気まぐれで、就職面接の際と移住のため2に回の申請で
それぞれ午前中を丸々費した。特に証明写真のアップロードは宝くじ。それもアップできる写真が4KBまでって・・
4KBに圧縮した自分の写真を拡大してみてもなんとなく輪郭がわかる程度。全然証明になっていない(爆)

一昔のテレビゲームで一面をクリアした時と似たような気分でやっとこさ次のが面に到達したら、又一難関。
支払い画面だが、オンリーアラビック。どこが、カード番号でどこが名前かもわからない。10ドルよっぽど
支払われたくないのかと思えてくる。しくじると又振出に戻るから緊張。でもここで役に立ったのが
Google Translation。何とか最終画面に辿り着いた。

さて、後から気づいたことだけど、この最終画面。一度ブラウザを閉じると二度と戻ってこれない。
どこかの、会員登録サイトみたいに登録の控えをメールで送ってくれる様なやさしい気くばりは無し。
ここまで来てプリンターがなかったりしたら結構悲惨。まっ、スクリーンカットをとるとかPSファイルに
保存するとか裏技は有るけど・・・やっぱりテレビゲームみたい。

こんな大味さがとっても王国って感じ♪
[PR]
# by y_tory | 2009-04-29 08:23 | 暮らし

色々、

イラクでサダム・フセインが処刑され、フランスでニコラ・サルコジが大統領に選出され、四川で地震があったけど北京でオリンピックがあって、ブラジディミア・プーチンがTime紙でMan of the yearに選ばれ、石油価格が1バレル147ドルを突破して、サブプライムクレジットが崩壊して世界的な大不況(恐慌)に突入してバラック・オバマが第44代アメリカ大統領に就任してと、このブログをほったらかしにしてから色々あったけど、僕にもその間色々あった。

色々あるうち、今サウジアラビアの首都リアドのホテルでこうして2年と2ヶ月ぶりのブログ更新をしてる。

個人的に何があったかは、まぁ個人的な事で、ここまで行き着いた経緯がわかる程度楡とレトロスペクティブとして順々に書いてみます。

それよりも、サウジアラビアという行ってみたくてもなかなかは入れない国に住む事になり、その中で見た物、聞いた物、感じたこと、気づいたことをこれからはキチンと更新してみたいです。
[PR]
# by y_tory | 2009-02-26 20:23 | 暮らし

ルーマニア料理

今日は久しぶりにルーマニア料理のレストランに行った。会社の忘年会だったので、オードブルが色々試せて、何度か行ったことあるレストランだったけど今までとは一味違った経験でした。
特に印象深かったことは、ルーマニア料理がいかにオスマントルコ支配の時代を反映していると言うこと。ギリシャのフェタに似たチーズ、お豆のペーストのホムス、茄子のタルタル、魚の卵で作ったペースト(タラマ)、ラザニアのベースだと思われるムサカ等々。地中海全般で食されている料理がそのまま、ルーマニアのローカルな素材で再現されていることがよくわかった。良く、各国それぞれの料理は土地の気候だったり地理だったりに左右されると言うけど、地理的にも気候にしても十分離れているルーマニア料理なのだから歴史的なパワーバランスがもう一つのレイヤーとして被っているのだなと痛感した。
最後にレストランで流れていた音楽ビデオが、チロル名民族衣装を着た歌手の歌に中東、北アフリカを思わせるバイオリンを多用したチューニングで、いまだに頭から離れない・・・。
[PR]
# by y_tory | 2006-12-21 00:49

格差社会?

a0056032_23463882.jpg

ですかねぇ?
[PR]
# by y_tory | 2006-12-20 23:47

Cultural Learnings of Brat for Make Benefit Glorious Union of Europe

公開以来、アメリカで大盛況な映画、Boratがいよいよフランスでも公開になった。
アメリカを子馬鹿にするのが国民的スポーツなフランスでも公開以来、初めての週末は満員御礼。みんなどれだけこの映画に期待をしているかが良く伝わってきたし実際、映画冒頭にカザクスタン国旗が現れただけで笑い出す人までいた。

公開前、ネットやテレビでトレーラーを見たときから感じたことだけど、映画はスキャンダルさを売りにしたわりにとても世界標準な出来栄え。Boratがカザク語でなくポーランド語を話している事の真相や、映画冒頭で出てくる村がルーマニアみたいなことが気になっていた。村を旅たつときBoratを乗せた車は、歴史的に社会主義時代からフランスルノー社と提携を持つルーマニア、ダチア製。村の様子も東ヨーロッパの現状を紹介したドキュメンタリーに出てくるルーマニアの村に良く似ていた。後から調べてみると、イギリスデイリーメール紙は冒頭の舞台はルーマニアのGlod村で一人3ポンドという微々たる報酬の見返りに不名誉な撮影に協力していたことを伝えていた。http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/news/news.html?in_article_id=415871&in_page_id=1770

何故ここまで現実とかけ離れたイメージをカザクスタンは勿論ルーマニアの名もない村人達のひんしゅくを買ってまで作りだす必要があったのだろうか?

これはひとえにメディアの意図に基づいて作られたイメージを疑問もさして持たず受け入れる観客側の問題かもしれない。そもそも、カザクスタン人について我々はどれだけしっているのか?冷戦終結時までソビエト連邦の一部をなしていた旧共産主義国、冬は長くて暗くて寒い北の国 ― ここ20年間に見聞きしたニュースと想像で思いつくこと以外あまりない。どんな人たちが住んでいてどんな歴史を持ち何を主産業にしているかなど知る由もない。これは我々日本人だけでなく大半の西ヨーロッパ人にしても同じだ。ポーランド、スロバキア以東に広がる世界など想像がつかないことを、映画冒頭で同じ欧州連合の住民である村人に対して無邪気に大爆笑しているフランス人観客が物語っていた。ルーマニアのような東欧国の低賃金は西欧産業の空洞化を生む元凶になっているし、東欧から性奴隷としてフランスに流れ込む売春婦は社会秩序を乱す危機としてこそ理解されていて、事実を知っていればそこまで大笑いできるネタではないはず。

こんな訳で映画館ではカザクスタン人が本当はどんな顔をしているのか大半の観客が知らないのだろうなと確信がもてた。本当のカザク人は西欧の観客にとって日本人、中国人とでも言ったら信じてしまうアジア人の顔をしている。Boratのオフィシャルサイトで紹介されているヨーロッパMTVミュージックアワードでカザクスタン大統領を扮するレーニン似のおじさんだが、本物の大統領は朝昇龍みたいな顔だった。

ここからわかる事はあくまでも印象としてのカザクスタンが映画にとって重要なのであって事実は二の次たということ。西欧にとってカザクスタンはトルコよりはるかに東に位置する中央アジアの国なのに旧ソ連の一国であるという事実だけで西欧から一番近い旧共産圏のルーマニアが、観客の想像に一番ぴったり来るわけだ。

結局のところ、アメリカ人の無知さを笑うのが醍醐味な映画なのだけど、それを笑う観客の無知さの方があぶりだされていた。もし、そんな仕掛けをサッシャ コーエンが意図的に盛り込んでいたら、とても質の高い映画と言う事だけど、ただイメージ第一で観客の期待に合わせて作り上げたのならば、それは世界標準な商業マーケティングでしかない。そんな事を上演時間中ずっとBratの無邪気で下品な演技を見ながら考えさせられる内容だった。
[PR]
# by y_tory | 2006-11-19 01:15 | 社会

Voyage

ちょっと、気になったツアーを見つけた。
a0056032_0322370.jpg
パリ発チュニジア7泊8日が89ユーロ。2時間の飛行機、クラブメッドみたいなホテル(朝、夕食込)付きです。
ロンドンに一泊+ユーロスターより安いんです。
7泊だから一泊13ユーロ以下(=1950円)です。
フランスで生活保護受けていたら一日1950円払えます。
ベルベル人にも会えます。
VIVA市場原理!

さて、話は飛んで気になる最近の聞いた研究を一つ。
一フランス人家族(四人)がカリブ海に旅行するために排出する温暖化ガスはSUVを一年間運転するために必要な量を倍以上に上回るそうです(Oliver Sidler)。
[PR]
# by y_tory | 2006-11-10 00:33 | 社会

やっぱり蟹

いやいや、蟹のときに宴の場になった友達のお家、ビックリな事があった。
蟹を食べた二日後、彼が彼女と就寝中、ガサガサと音がしたそうな。初めは気のせいと思って無視してみたもの、一向にガサガサの音がやむ気配がなくネズミか何かが住み着いたと不安になり音のするキッチンへ。音はどうやら冷蔵庫か何かの裏からしているので除きこんでみると何か黒光りするものが見える。それにしても、ネズミなら除かれた矢崎にそそくさ逃げ出すはずだけど、一向に行方をくらませる気配なし。意を決めてその動く黒光りを近寄らせてみるとそれは二日前に鍋で湯がかれ明るいオレンジ色になっているはずの蟹。どうやらブラシをかけている間にうまいこと遠くへ逃げ出したようです。

それにしても何たる生命力。二日間の陸上生活をものともせず元気に僕の友人とその彼女を床から引きずり出したのでした。
[PR]
# by y_tory | 2006-11-02 05:18 | 暮らし

蟹蟹蟹

以前こんなニュースを読んだ。
__________________________________

【中国】上海ガニ:欧州で大繁殖、生態系の脅威に

 上海ガニがエルベ川など欧州各地の河川で大繁殖しており、現地の生態系にとって脅威となっている。2日付で環球時報が外電を引用する形で伝えた。

 問題となっている上海ガニはもともと中国の長江下流で生息していたが、欧州に向かう貨物船に積まれたバラスト水に混入していたものと見られる。雑食性で生命力が強いことから現地の生態系にとって脅威となっている。ドイツのメクレンブルク=フォアポンメルン州では淡水の水揚高が以前の半分となってしまった。

 ハンブルク大学の生物研究者は「上海ガニは今後数年間で西欧の全ての河川や港湾で見られるようになるだろう」「厳しい措置をとらないと上海ガニを絶滅させることができなくなる」と警告を発している。

 欧州では上海ガニを食べる習慣がないが、在住している中国人やベトナム人のために毎週200キログラムもの上海ガニを捕獲して、スーパーマーケットやレストランに出荷する漁師も現れたという。(編集担当:菅原大輔) searchina.ne.jp より
__________________________________


で・・・この中国人やベトナム人が捕獲しているという蟹、食べてみることにした。
実は、ずいぶん昔から秋口になるとパリでも一部の中華食品店で見かけることがあった。場所はパリで昔から服飾により立志伝を築き上げた温州の人々が住んでいる地区。その近くのレストランで、以前酔っ払い蟹を試したことはある。当時、酔っ払い蟹が危険だって知らなかったんですが食べてしまいました。でも元気です。

さてこの地区に二件しかない食材店の一つに入ってみると、日本では築地など魚市場で泥鰌を入れるプラスチック製コンテナーに蟹がウヨウヨ蠢いていた。淡水の蟹だから匂いが独特で、甲殻類のちょっと磯臭いような泥臭いような微妙な感じ。香港で見かける様に十文字に縛ってあることはない。ただヨーロッパの河川を脅かすだけのことはあり、樽の中の殆どのカニたちはずいぶん長いこと放置されているようだが元気に蠢いていた。

 お店の人に、蟹を買いたいと意思を伝えるも返事は中国語。指で何杯ほしいか伝えるもビーニル袋を持ってきてくれてさあここから選んで中に入れなさいと言っているみたい。気負いもしつつ、自分で選んだほうが納得いく物が選べそうな気がして蠢く蟹たちの中に手を突っ込む。でなるべく俊敏に逃げようとする活きの良いやつを十杯選び出した。蟹達はに二重にされたビーニル袋一杯に収まり哀れにも袋の持ち手はきつく縛られるも、さらも狭くなった中で蠢き続ける。袋はすぐさま蟹の足だけの見える穴だらけになった。お値段だけど、これが思った以上に高かった。てっきり繁殖力が強いので、わんさか取れるもんだと思っていたけど十杯で20ユーロ以上した。後は蟹と一緒に飲む紹興酒と黒酢生姜を買い足し、いざ料理をする友達のお家へ。

 上海蟹、めんどくさいのが下ごしらえ。OOOで学んだ通り塩水の入った深いなべに蟹をつけて待つこと二時間。この間、泥が良く出てすぐに水が濁るものだから何度も水を換えた。やっとこさ水が澄んできた所で歯ブラシタイム。淡水に住む蟹だから寄生虫が表面の毛に残ることが多いためしっかりとブラシをかけるのが良いとされる。実際、つめに生える、モズクのような毛をゴシゴシ擦ってみるとあんなに水が澄むまで塩水に浸けておいたのにまだ泥が出てきた。そして、このブラシをする間、二度ほど彼らにつめで挟まれた。これ結構痛いです、かにも最期を悟ったのか、思いっきりやられました。
a0056032_23433347.jpg


下ごしらえがやっとこさ終わり、塩、生姜、紹興酒の入った熱湯で蟹を湯がくこと25分、黒光りしていた鶯色の蟹たちは、鮮やかなオレンジ色に変身しています。
a0056032_23441591.jpg

夕方7時に買った蟹をようやく食べたしたのは夜11時、お味の方ですが、これがなかなか美味しい。蟹味噌なんかも海鮮物より上品だなと思います。ただ、食べるところが何せ少ない小さな蟹なので、食べるための労力に見合うかどうかといったことがやっぱり気になりました。まっ、今回はヨーロッパの河川を外来種から守るという偉そうな名目と単なる食いしん坊の気まぐれだったので良いのですが。ぜひ、ヨーロッパの中華料理屋さんで大々的に上海蟹料理を広めていけばあっという間に問題解決しそうな気もするけど・・・。
[PR]
# by y_tory | 2006-10-31 23:46 | 暮らし